まろやかな口当たりのウォーターサーバー

硬水ウォーターサーバーに対して、カルシウムやマグネシウムの濃度の低い軟水ウォーターサーバーは、まろやかさのある口当たりが特徴で、味はさっぱりとした風味があると言われています。

日本で採取される国産ミネラルウォーターや水道水はほとんどが軟水タイプのお水で、日本人には軟水タイプのお水の方が合うといわれています。また、軟水は硬水に比べて主張が少ないので、素材の風味を活かすことができるので、料理にも向いているという特徴もあります。幼いころから飲んでいた習慣もあり、日本では軟水の方が人気があるのです。そのため、ウォーターサーバーのお水も、このような軟水が使用されたものが主流になっています。

ウォーターサーバーに軟水を利用するメリットとして様々な点が紹介されています。その中の一つがお茶やお料理にも最適だと言われている点です。軟水は味がすっきりしていて、クセも少なく、お茶などに使っても、料理などにつかっても、素材の良さが活かされるのです。ウォーターサーバーの軟水のお水が、具材そのものが持っている香りや旨味を引き出してくれるというとても優れたお水なのです。硬水のお水だと、多く含有されているミネラル成分が素材の旨味とぶつかり合ってしまったり、素材そのものの持つ食感などの風味を楽しめなくなってしまうということがあるかもしれません。