こんなところに軟水のウォーターサーバーのメリットが

日本で採取される天然水は、大体が軟水だと言われています。ウォーターサーバーに使われるお水も多くは軟水が使われています。軟水とはお水の硬度が低いもののことをいいます。逆に硬度が高いお水は硬水とよばれます。このような分類は、ウォーターサーバーに使われるミネラルウォーターの味の違いに影響していると言われ、お水の硬度による分類は味の目安などとして参考にされており、市販のミネラル水などにも表記されています。一般的にはウォーターサーバーに使われる日本で採取される天然水は軟水性のお水なのです。

軟水ウォーターサーバーと硬水ウォーターサーバーの違いは、硬度の違いということになりますが、では硬度というのはいったい何なのでしょうか。硬度は1Lのお水に含まれているカルシウムやマグネシウムというこれらのミネラル成分の含有量を表し、世界保健機関の定めているスタンダードでは1Lのお水に、ミネラル分が120mg未満の場合が軟水、120mg以上含まれているお水が硬水と定義されています。

つまり、硬度とはカルシウムとマグネシウムの含有量のことをいうのです。これらのミネラルが多く含まれているミネラル濃度の高い硬水は、飲むと苦味がかった口当たりの重い感じの飲み味だと言われています。