軟水のウォーターサーバーとは

日本で採れる天然水は大体が軟水といわれます。そのため、軟水のお水は日本人の味覚によく合うものだと考えられており、ウォーターサーバーに使われるお水もほとんどが軟水になっています。

軟水とは、硬度が低くなっていること水のことで、逆に硬度の高いお水は硬水とよばれています。それぞれに特徴があり、当然風味も違うので、ウォーターサーバーにどういった種類の水を使うか、どのようなミネラルウォーターを使うかは、味の違いに影響します。軟水と硬水の違いは硬度の違いですが、硬度とは1Lのお水当たりに含まれているカルシウムやマグネシウムの含有量を表すと世界保健機関で定義されています。1Lのお水にミネラル分が120mg未満の場合は軟水、120mg以上含まれているお水は硬水と呼ばれます。これらのミネラルが多く含まれているミネラル濃度の高い硬水は、飲むと苦味がかった重い感じの口当たりが特徴だと言われています。

日本で採取される天然水は、ほとんどが軟水だと言われていますので、ウォーターサーバーに使われるお水も多くは軟水が使われます。このような、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い軟水は、まろやかさのある口当たりが特徴のさっぱりした風味があるといわれます。

幼いころから飲んでいた習慣もあり、日本人には軟水タイプのお水の方が合うといわれ、日本では軟水の方が人気があります。そのような理由で、ウォーターサーバーのお水もこのような軟水が使用されたものが主流です。ウォーターサーバーに軟水を利用するメリットとしてお茶やお料理がおいしくなるという利点が挙げられます。

軟水は味がすっきりしており、クセも少なくて、お茶にも料理などにも使えると好評です。また、ウォーターサーバーに軟水を使うことによって、具材そのものの香りや旨味が引きたてられるという優れた点があります。逆に、硬水のお水だと、含有されているミネラル成分が素材の旨味とぶつかり合ってしまうため、素材そのものの持つ美味しい風味が十分に表現できなくなってしまうと言われています。

これらの理由から、ウォーターサーバーのお水は軟水を選択する人が多く、赤ちゃんのいる家庭でも赤ちゃんの体に負担の少ない軟水は安心して飲ませることができるお水として人気があります。ミネラル成分がより少なく、不純物などが濾過されたRO水などのお水をウォーターサーバーで購入する家庭も増えてきています。これは赤ちゃんも安心して飲めるというメリットを考えてのことといえます。ウォーターサーバーは温水と冷水を手軽に準備できるので、ミルクの調乳においても便利です。

新着情報

2017年02月01日
ホームページを更新しました。